大阪府住宅供給公社

大阪府住宅供給公社

ホームおかげさまで創業70周年

おかげさまで創業70周年

メッセージ

イメージ写真 公社はおかげさまで創業70周年。
"笑顔のくらし"のさらなる実現に向け、
創業100年後の2050年へと進んでいきます。
 公社は、2020年6月8日をもちまして、前身である財団法人 大阪府住宅協会の設立(1950年)から、おかげさまで創業70周年を迎えました。
 これもひとえに皆さまのご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝しております。

 設立当初は府内の住宅の確保を目的として、"公的な住宅デベロッパー"としての役割を担い、新住宅市街地開発法の適用を受けてスタートした金岡東ニュータウンをはじめとするニュータウン開発や団地建設等に取り組み、大阪万博の翌年にあたる1971年には、賃貸住宅供給はピークを迎え、府民の皆さまの生活基盤を確保してきました。

 当時のニュータウンや団地の多くは再編や更新時期を迎え、賃貸住宅を主な事業とする公社を取り巻く事業環境は、今後大きく変化しイノベーションが求められます。
 また、人口問題研究所の推計によると、日本人の平均寿命は、今後2040年に男性83歳、女性90歳とされており、「人生100年時代」を迎えようとしています。高齢者の雇用延長化の議論も進んでいるなかで、長く健康であり続けることと、安心して住み続けられることが時代のニーズとなっています。さらに、技術革新等の進展に伴う様々なライフスタイルが提案されており、住宅を取り巻く環境も大きく変わっていくことが予測されます。

 こうした中で、2018年には、「住まい」を原点とした"笑顔のくらし"を提供すべく、経営理念を「笑顔のくらしを!変革し続ける企業」と定めました。この理念には、"幸せ"の原点である「住まい」を通して、一人一人に、自分らしい、楽しく笑顔あふれる「くらし」を届けたい、という思いを込めています。
 そして、翌年2019年には、この経営理念を具体化した長期ビジョンとして『将来ビジョン2050』を策定しました。本ビジョンでは、国際目標「SDGs(持続可能な開発目標)」の実現に向けて、「くらし」「まち」「社会」の3つの視点から、公社創業100周年となる2050年の「公社がめざす将来像」とその実現に向けた方向性などを描き示しています。

 これからも職員が一丸となって、「公社がめざす将来像」の実現に向けて取り組み、お客様や地域社会へ"笑顔のくらし"をお届けします。

記念ロゴに込めた想い

創業70周年ロゴ 古代ギリシャで「幸福」の木とされる月桂樹の葉をモチーフとし、経営理念“笑顔のくらし”を表現しています。
円形には職員一丸となって公社経営に取り組んでいく意志を込めています。
また、楽しさや幸福・希望を象徴するゴールド調の配色とし、“笑顔のくらし”の「豊かさ」を表すとともに、70を右肩上がりとして公社の今後の成長を表現しています。

沿革

1950年6月8日 財団法人 大阪府住宅協会 設立
1964年8月16日 財団法人 大阪府宅地協会 設立
1965年11月1日 大阪府住宅供給公社 設立(財団法人 大阪府宅地協会を組織変更)
1966年2月1日 財団法人 大阪府住宅協会(1950年設立)を統合
2005年4月1日 財団法人 大阪府住宅管理センター(1967年設立)を統合
ページトップへ