大阪府住宅供給公社

ホーム > DIYの魅力をたっぷり体感できるイベント『DIYミーティング』千里山田西団地(吹田市)で開催しました!

DIYの魅力をたっぷり体感できるイベント『DIYミーティング』千里山田西団地(吹田市)で開催しました!

DIYの魅力をたっぷり体感できるイベント『DIYミーティング』千里山田西団地(吹田市)で開催しました!

“賃貸でも自分らしい暮らしを実現したい”というニーズに対応するため、2017年1月からスタートした大阪府住宅供給公社の『団地カスタマイズ』。
この『団地カスタマイズ』の魅力を体感していただくため、1月27日(日)、大阪府吹田市の千里山田西団地にて、プロのDIYインストラクターのレクチャーが受けられる無料のDIY体験イベント『DIYミーティング』を行いました。

『団地カスタマイズ』のPoint!
  • 対象物件は大阪府内47団地約12,000戸!
  • 壁の塗装替え、壁紙の貼替え、キッチンリメイクシートなど多彩なメニューをご用意!
  • 既存の入居者様でもDIYができます!(事前に「DIY届出書」の提出が必要です)
  • DIY工事部分の退去時の原状回復義務が緩和されます!
Before After
『団地カスタマイズ』特設サイト
https://www.osaka-kousha.or.jp/oph-search/topics/Danchi_Customize/

 『DIYミーティング』の受付会場となった千里山田西団地の集会所。集会所では「ふすま貼り体験」と「お箸づくり体験」を行いました。
 千里山田西団地の団地入口の案内板と外観。2017年7月に新しいデザインにリニューアルしました。

壁のペンキ塗りやふすま貼りなどを実際に体験! 桜の木や檜でつくるマイお箸づくりも

『DIYミーティング』が開催されるのは、今回で5回目。千里山田西団地では、今回初めて開催する運びとなりました。
イベント内容は、壁のペンキ塗り、壁紙貼り、キッチンリメイクシート貼り、ふすま貼り、桜の木や檜でつくるお箸づくりワークショップです。
ふすま貼りとお箸づくりは、団地の集会所で随時体験会を実施。団地の一室では、午前中にペンキ塗りとキッチンリメイクシート貼り、午後からは壁紙貼りとキッチンリメイクシート貼りを行いました。

有限会社アルブル木工教室のDIYインストラクターの指導のもと、お箸づくりを体験

完成した世界に一つだけのマイお箸

アイロンがけのポイントは、内側から外側へ!

今回は、家庭にあるアイロンで簡単に貼れるふすま貼りを体験していただきました。
ふすま貼り体験は、開始早々に複数の入居者様が参加されました。公社の住宅経営課団地再生グループの職員が、ふすまの引手の外し方、アイロンがけの仕方などをレクチャー。

参加者にレクチャーをする公社住宅経営課団地再生グループの職員

「アイロンがけは、空気を逃がすように内側から外側に行います」「スマホの液晶画面のシール貼りの要領です!」といったアドバイスを行いながら、実際に体感していただきました。

公社職員のレクチャーのもと、アイロンがけをする参加者の皆様

開始から30分程度で全ての作業が完了。「郵便ポストに入っていたイベント開催のチラシを見た」という70歳の入居者様は「入居して12年になり、ちょうどふすまの貼り替えをしようと思っていたところで、このイベントを知った」「業者に頼もうと思っていたが、これらなら自分でも簡単にできそう」と喜んでおられました。

親子で楽しめる!小さなお子様も参加したペンキ塗り体験

ペンキ塗り体験は、お子様連れのご家族が多く見受けられました。
有限会社アルブル木工教室のDIYインストラクターが、ペンキの塗り方などをレクチャー。
「ローラーは、できるだけ大きく動かしてください」「均一な力で動かすことがムラなく塗るポイントです!」といったアドバイスの声が掛けられていました。

小さなお子様も一生懸命ペンキ塗り

家族で来たという団地に住む小学5年生の女の子は「ペンキを伸ばすのが難しいけど楽しかった」とコメントし、満足した様子でした。

真剣な眼差しでペンキ塗りをする団地入居者の小学5年生

100円ショップでも買える!キッチン扉のシート

キッチン扉のシート貼りによるリメイクは、公社職員がレクチャー。「シートは100円ショップでも売っています」「自宅で行うときには、まずは100円ショップで買ってきたもので試しに行うのもいいかも知れません」「もし失敗したとしても、簡単に剥がせますよ」という初心者には嬉しい情報も。

体験前のレクチャーをする公社住宅経営課団地再生グループの職員

2年前に千里山田西団地に入居したという家族3人で来られた30代の男性は「全く初めての体験だったが、簡単だった。体験できて良かった」とおっしゃっていました。

「また開催して欲しい!」の声も

今回のDIY体験イベントは、ご高齢の方から若いご家族連れの方、団地外の方など30名の方にお越しいただきました。
ご家族で参加された団地に住む入居中の女性は「公社のDIYイベント情報はよくチェックしていたが、今までは場所が遠かったので行きたくても行けなかった」「また開催して欲しい」と話されていました。

壁紙貼りをレクチャーしながら実践する有限会社アルブル木工教室のDIYインストラクター

2017年1月からスタートし、2018年12月には申込件数が200件を突破した公社の『団地カスタマイズ』。これまでは20代・30代の若い世代を中心に利用されていますが、今回のイベントで、ご高齢の方でも「新しくチャレンジしてみたい」という方が多いということが分かりました。
今回体験していただいたDIYのやり方は、『団地カスタマイズ』の特設サイトで「DIYレシピ」として掲載していますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。
https://www.osaka-kousha.or.jp/oph-search/topics/Danchi_Customize/recipe.html

今後は『団地カスタマイズ』のより一層の普及のため、2019年2月にDIY工具の利用や作業場として活用できる『DIY工房』を泉北ニュータウンにある茶山台団地(堺市南区)にオープン予定です。