大阪府住宅供給公社

ホーム > 公社情報 > 公社の概要

公社の概要

経営理念

これまで築き上げた住宅、団地という貴重な社会的資産と管理についての実績のもと、豊富な知識と経験を活かし、公的機関としての信頼に応え得る規律と熱意をもって、府民、地域に対し、「住んでみたい」「住み続けたい」安全・安心で快適な住まいと住環境の提供をめざします。
大阪府住宅供給公社PR動画
大阪府住宅供給公社PR動画
「未来につながる窓」
※画像をクリックすると動画が始まります。
平成29年4月1日現在
目 的 住宅を必要とする勤労者に対し、住宅の積立分譲等の方法により居住環境の良好な集団住宅及びその用に供する宅地を供給し、もって住民の生活の安定と社会福祉の増進に寄与するとともに、秩序ある住宅市街地の開発に資することを目的としています。
設立年月日 昭和40年11月1日
基 本 金 3,100万円(大阪府全額出資)
役 職 員 数 役員数:7名(常勤3名、非常勤4名)
職員数:161名(事務83名、技術78名)
事 業 内 容 ○賃貸住宅の管理事業
公社賃貸住宅:21,847戸
民間借上型特優賃住宅:460戸
○宅地管理事業
○受託事業
府営住宅等管理事業 (指定管理、約3.2万戸)
府営住宅計画修繕等業務(管理代行)
本支店情報 本社所在地:大阪市中央区今橋2丁目3番21号
管理センター:北浜、千里、泉北ニュータウン

沿 革

大阪府が地方住宅供給公社法(昭和40年6月10日公布)により、府民に良質な住宅を提供していくため、大阪府の全額出資による公的団体として財団法人大阪府宅地協会を組織変更し設立した特別法人です。その後、2法人と統合し現在に至っています。
昭和39年6月 財団法人大阪府宅地協会 設立
昭和40年11月 大阪府住宅供給公社 設立
(財団法人大阪府宅地協会を組織変更)
昭和41年2月 財団法人大阪府住宅協会を統合
平成17年4月 財団法人大阪府住宅管理センターを統合
沿革図表