大阪府住宅供給公社

ホーム > 「団地再生」×「リノベーション」をテーマに学生向け事業体験型1dayインターンシップを実施しました!

「団地再生」×「リノベーション」をテーマに学生向け事業体験型1dayインターンシップを実施しました!

「団地再生」×「リノベーション」をテーマに学生向け事業体験型1dayインターンシップを実施しました!

公社では、就職活動を控えた学生向けに公社の事業を疑似体験していただけるインターンシップ「事業体験型1dayインターンシップ」を2018年度から実施しています。
第3回目(2019年1月29日)は、建築系の学科を専攻している学生を対象に、公社の団地再生事業について体験していただきました。

茶山台団地 現地視察の様子

今回のテーマは「団地再生」×「リノベーション」。
2015年度から実施している2つの住戸を1つにつなげる団地リノベーション「ニコイチ」のプランニングを行います。

「ニコイチ」視察の様子


茶山台団地での「ニコイチ」現地視察では、「団地に来るのは初めて」という学生も多く「外観からは想像がつかないぐらい素敵なお部屋です」と驚いた様子も。 そのほかにも団地の一室を活用したイートインもできる惣菜屋さん「やまわけキッチン」「団地カスタマイズ」制度のDIYメニューで作り上げたモデル住戸などを視察しました。


プランニングの様子

現地から戻り、視察した内容を参考にしながら、3つの班に分かれて学生が考えた「ニコイチ」プランを検討。
「あの広さであれば、キッチンはここかな~」「ここに間仕切りを入れれば生活空間のメリハリがつくね」など、意見を出し合い、賑やかに作業をすすめていました。
発表では、「シェアハウスを想定したプラン」や「子供と一緒にDIYを楽しむプラン」など、個性のあるコンセプトのプランが完成。


インターン終了後のインタビューでは「みんなで話し合いながら自由な発想で住戸プランを考えるのが楽しかった」「公社の事業や雰囲気が分かる内容でした」とおっしゃっていました。

ご参加いただいた学生のみなさま、ありがとうございました!

ページトップへ